有機野菜の定義

美味しい、安心、それが一番の幸せ  

有機野菜は、「有機JASマーク」を取得していることが前提条件であることは「有機JASマークについて」のページで述べた通りです。

では、「有機JASマーク」を取得する野菜は、どのようにして作られたものなんでしょうか?

これには、大きく分けて3つの条件があります。


  1. 農薬・化学肥料を原則使用しない
  2. 作付けの時点から、該当する田畑で過去2年以上農薬や化学肥料を使用していない
  3. JAS規格に基いて生産した事を証明する管理記録の作成

ここではその3つの条件について、ひとつひとつ解説します。

(1)農薬・化学肥料を原則使用しない

農薬を使わないと言うだけでなく、化学肥料を使わないということも、有機野菜が有機野菜であるための条件の一つです。

これは、人間が安心してその作物を食べられるという点以外にも、土中の本来の生態系を健全に保つという、環境保全の観点からも、実は大切なことなのです。

化学肥料を長年使い続けた土地は、有機物が減り、微生物が減少します。 すると、やがて無機物を好む嫌気性の細菌が繁殖し、作物が病気に掛かりやすくなってしまいます。 病気を防ぐためには益々農薬の使用量が増え、環境汚染が更に進むと言う悪循環が生まれます。

有機栽培は、人にとっても、環境にとってもより安全な野菜作りがと言えるでしょう。

(2)作付けの時点から、該当する田畑で過去2年以上、
農薬や化学肥料を使用していない

これはつまり、今年農薬を使わずに栽培している畑で作られた野菜でも、前年、前々年にその畑で農薬を使用していると、JAS認定を受けることはできまない、ということになります。

3年続けて検査を受けて、3年とも農薬を使用していないことが明らかになって初めてクリアできる条件です。 「有機JASマーク」取得に2年以上もの時間が掛かるのはこの辺の事情です。

(3)JAS規格に基いて生産した事を証明する管理記録の作成

こまごまとした記録を作成するのも、時間や労力が掛かって大変ではありますが、管理記録があれば、もし何か問題が起こったとき、原因究明しやすくなります。

透明性の高い生産管理・品質管理が行われている証明とも考えられます。


上記のようにして「有機JASマーク」を取得した後も、登録機関への報告(年次計画、格付実績など)や定期的な調査を受けるなどして、その信頼性を維持していくことになります。

       

有機野菜畑について

       

カテゴリーから探す

返品について

返品期限
原則として、お客様のご発注ミス、ご都合による返品はお受けできませんので、あらかじめご了承くださいませ。
商品に欠陥があった場合に関してのみ、7日の返品期限内にご返品くださいませ。 
返品送料
不良品に該当する場合は当方で負担いたします。着払いにてお送りください。 

配送・送料について

ヤマト運輸
 
ゆうパック
 

お支払い方法について

クレジット

VISA・マスターカードのみ使用できます。
※スマートフォン・タブレットからのご注文には対応しておりませんので、ご了承ください。 
銀行振込
在庫を確認の上、お振込み金額および振込先情報を記載したメールをご送付申し上げます。

※お振込みの手数料はお客様でご負担ください。